鼠径ヘルニア・臍ヘルニア・痔核・陰嚢水腫・皮下腫瘤等の日帰り外来手術

BLOG

ブログ

2022年2月7日

開業準備③〜院内レイアウト〜

物件の選定と決定

横浜関内

開業する場所が決まり、いよいよ医療モールを中心に物件探しです。

お世話になった横浜中央病院近くで探すと、医療モールの募集がたくさんありました。
Webからの情報を中心に気になる物件が見つかると問合せメールや電話で問い合わせる日々が続き、有力な候補がJR関内駅近くで見つかりました。

数回にわたる担当者との打ち合わせのなか、他業種へのビル一棟貸しになる可能性があるとビルオーナーの意向を聞き断念しました。
ここで、医療モールに拘っている余裕はありません。
事業ビルを含めて検索すると、関内駅から近く、8階建・築2年で未入居・60坪と理想的な物件に出会い、すぐさま連絡を取り現地視察を予約しました。

この物件こそ、今回開業するビルになります。

ビルのオーナーは本来、医療モールの目的でビルを建てたようです。
2020年からのコロナ禍により世の中の動きが止まると、賃貸の問い合わせが少なくなったとのことで、使用用途を医療以外に拡大し、床・天井・トイレ等を事務所仕様に整備した上で新たに募集したようです。

建築計画概要書の主な使用用途には『診療所』の記載あるため、クリニック開設に問題ないことを確認できました。

クリニックのレイアウト

見学から所定の手続きに沿って賃貸借契約を終え、クリニック内のレイアウトの検討を開始しました。

必要な部屋数や設備を洗い出し、うまく配置しなくてはなりません。多くの医院・クリニックと異なり、日帰り手術に必要なスペース(手術室、回復室など)が広く必要となります。

手術室は手術内容に対して過剰な設備(オーバースペック)にならないように設計しました。回復室は患者様のプライバシーを守りつつ、安心して術後の時間を過ごせるような空間をイメージしました。限られた面積の中で最も重要視したことは、患者様の導線とスタッフの導線です。

術後の患者様の導線が、医師やスタッフ、他の患者様の導線とぶつからないように、しっかりとシミュレーションしました。

参考に他院の外科クリニックの先生方に情報を頂き、見学もさせていただきました。快くご協力を頂けた先生方には感謝の気持ちで一杯です。

今後、医療機器の配置や種類に応じたコンセントの位置、院内LANの設置、レントゲン室の防護工事ついても考えていきます。

2022年 鼠径ヘルニア・臍ヘルニア・痔核・陰嚢水腫・皮下腫瘤等の “日帰り外来手術” を横浜関内みなとエリアで開院準備しております!

“日帰り外来手術” のご相談は、横浜関内、日本大通りの『横浜みなと外科クリニック』まで!

関連記事

防火管理講習
防火管理者とは 『防火管理者とは、多数の者が利用する建物などの「火災等による被害」を防止するため、防火管理に係る消防計画を作成し、防火管理上必要な業務(防火管理業務)を計画的に行う責任者を言いま…
開業準備⑧~ロゴマーク~
ロゴマークの検討 横浜みなとのイメージ クリニックの顔とも言えるロゴマークの検討をしました。 シンプルであり、横浜の地、日帰り手術等の医療サービスを表現する心地良いイメージのデザインを考えま…
開業準備② 〜クリニック名〜
クリニック名 「横浜みなと外科クリニック」 開業地が決まりました。 さて、どんな名前のクリニックにするか? 日本には、10万施設以上のクリニックがあります。 それぞれに名前があり、同名の…
開業準備⑨~鋼製小物~
鋼製小物の選定 うれしい便り 早いもので3月も中旬を過ぎ、桜の便りも聴こえるようになりました。 まだまだ気は抜けませんが、首都圏の新型コロナ新規感染者も減少傾向に落ち着いて来ています。 お…
開業準備① 〜開業決意!〜
開業決意! 2021年10月、開業を決意しました。 開業地の選定 開業を決意したものの、全くの白紙からのスタートであり、並行して現職での外来・月40症例の手術・在宅診療を抱え、具体的な動きはWe…
ネットでのご予約
ページトップへ
ネットご予約
お電話

お問い合わせ