鼠径ヘルニア・臍ヘルニア・痔核・陰嚢水腫・皮下腫瘤等の日帰り外来手術

BLOG

ブログ

外科医を表現する言葉

鬼手仏心と外科手術

鬼手仏心(きしゅぶっしん)

外科医を表現する言葉として「鬼手仏心(きしゅぶっしん)」という言葉がよく用いられます。
鬼手仏心の“鬼手”は「残酷な手」、“仏心”は仏のように慈悲深い心のことを意味しています。
そこから、鬼の様な残酷な感もあるが実は内面には優しく思いやりがあるという意味になる様です。
一見して仏教用語のような感じがしますが、語源・由来についていろいろ調べましたが分かりませんでした(ご存知の方がいらしたらご教示ください)。

外科手術は、体をメスで切り開き鬼のように残酷に見えるが、患者を救いたい仏のような慈悲心に基づいているということです。
手術において、”心=情”が伴っていなければ、手が単なる凶器になってしまします。
患者の身を思いやる仏のような心を忘れず、しかも患者さんにとって満足して頂けるような結果を導き出せるように研鑽し続けたいと思います。

2022年 鼠径ヘルニア・臍ヘルニア・痔核・陰嚢水腫・皮下腫瘤等の “日帰り外来手術” を横浜関内みなとエリアで開院準備しております!
“日帰り外来手術” のご相談は、横浜関内、日本大通りの『横浜みなと外科クリニック』まで!


横浜みなと外科クリニックはアクセスも良好です。

みなとみらい線  日本大通り駅徒歩3分
横浜市営 関内駅徒歩5分
JR  関内駅徒歩7分

前面道路は一方通行で、パーキングチケットの駐車エリアがあります。
また、お隣は「東横イン横浜関内」さんです。

そけいヘルニア"日帰り外来手術" のご相談は、横浜関内、日本大通りの『横浜みなと外科クリニック』までよろしくお願いします。

〒231-0011
神奈川県横浜市中区太田町1−7−1
YOKOHAMA三共プラザビル3階

関連記事

医療機器・・・低温プラズマ滅菌とは
医療機器の搬入 コロナ禍による半導体不足の影響で、物流・海運も混乱しており、医療機器の納品もこれからがピークになります。 準備の一環で手術室に置く棚を組み上げました。金具なしで出来る!との事でした…
外科医として思うこと②
手術の合併症 医療行為の「利益と不利益」 外科手術をはじめ多くの医療行為は、患者様の身体に対する侵襲(ダメージ)が伴います。 そのため、患者様に医療行為を行う際には、医療行為による利益(治療の効…
2022年 年末のご挨拶
横浜みなと外科クリニック院長の川崎です。早いもので今年もあと僅かとなりました。 冬晴れの日が続いておりますが、いかがお過ごしでしょうか。 6月13日より診療を開始して約半年が経過しました。多く…
学会認定専門医とは
主な種類(登録医・認定医・専門医・指導医) 学会登録医 学会に登録している医師でまだ認定を受けていない医師。認定制度のない学会ではすべてこれに当てはまる。 学会認定医 高度な知識や技量、経…
社会保険 横浜中央病院 ②
~印象に残る患者様 ①~ 外傷性膵損傷 前回紹介させていただいた横浜中央病院の外科は、食道から肛門までの消化管疾患をはじめ肝胆膵疾患、鼠径ヘルニアなどの体表疾患の手術を幅広く行なっており年間700…
ネットでのご予約
ページトップへ
ネットご予約
お電話

お問い合わせ