鼠径ヘルニア・臍ヘルニア・痔核・陰嚢水腫・皮下腫瘤等の日帰り外来手術

BLOG

ブログ

2022年4月13日

日帰り手術との出会い

日帰り手術とは

IAAS(国際日帰り手術学会)定義

日帰り手術は欧米では広く行われている手術の方法で、手術当日に来院し、手術を受け、麻酔が覚醒した後、問題なければ手術当日には帰宅するという診療形態です。

日帰り手術の国際的な学会である、IAASのハンドブックでは、日帰り手術は以下のように定義されています。

「日帰り手術(Day surgery)」、「外来手術(Ambulatory Surgery)」の定義は世界中で様々 である。外来手術(Ambulatory Surgery)の定義として IAASが推奨するのは「患者が手術治療した同日中に帰宅する手術(診察室等での小手術を除く)」である。

また、一泊の入院で手術治療できる患者もおり、このような患者については「外来手術‐回復室滞在患者(Ambulatory Surgery –Extended Recovery Patient)」という名称を我々は提案しており、その定義は「独立した、または病院に所属した日帰り手術センターで治療を受けた患者で、退院までに、一泊を含む短期滞在入院を要する患者。」としている。

特定の手術について、その日帰り手術率を各国間で比較する場合、我々が推奨した定義はあるものの、各国間で定義が異なりうることを認識することが重要である。国によっては、24時間未満の滞在を日帰り手術とするところもある。

日帰り手術の歴史

日帰り手術の歴史は、1900年代初頭にイギリスのグラスゴーおよびアメリカのアイオワ州で行われたのが最初です。 日帰り外科手術は新しいものではなく、1909年にはジェームズ・ニコルがグラスゴーの王立小児患者病院にて口唇裂、ヘルニア、湾足、乳様突起疾患などの疾患の日帰り外科手術を受けた約9000人の小児について報告している。

これは時代の先を行っていた優秀かつ熱心な人物 の取り組みであるが、日帰り外科手術が始まったばかりの当時においても、適切な自宅環境と家庭医との協力の重要性を彼は強調していた。

しかしながら術後の疼痛管理に疑問を持つ医師が多く、広く普及しませんでした。
その後1974年にアメリカで日帰り手術研究会(FASA:Federated Ambulatory Surgery Association)、1984年に日帰り麻酔研究会(SAMBA:Society for Ambulatory Anesthesia)が結成され、日帰り手術に適した手術手技や麻酔法、さらに術後管理などが研究・開発され日帰り手術の安全性が確立し、広く普及し始めました。

日帰り手術との出会い

私が日帰り手術に出会ったのは、カナダで開催された外科学会でした。

日帰り手術は当時日本では、我々外科医の間でもあまり知られていない分野でした。
プログラム(抄録集)を片手に発表会場を覗いてみると、座りきれないほど多くの聴講者がいて驚きました。

発表は外科医だけでなく、麻酔科医や看護師、事務スタッフ(医療クラーク)と多職種の方が演者を務めておりました。「まさにチーム医療!」、これが率直な感想でした。そして同時に「なぜ日本ではあまり普及していないのか?」という疑問も湧きました。

日帰り手術はなぜ日本では普及しないのか?帰国後、様々な立場やシチュエーションから考えてみました。
その答えは・・学会会場にあったのです。
日帰り手術を成功させる鍵は、外科医だけでなく麻酔科医や看護師、事務スタッフが握っていたのでした。
つまり、日帰り手術は外科医一人では成り立たず、医療スタッフ全員の知識と経験が必要なのです。

詳しくは、またの機会に・・・。

2022年 鼠径ヘルニア・臍ヘルニア・痔核・陰嚢水腫・皮下腫瘤等の “日帰り外来手術” を横浜関内みなとエリアで開院準備しております! “日帰り外来手術” のご相談は、横浜関内、日本大通りの『横浜みなと外科クリニック』まで!


横浜みなと外科クリニックはアクセスも良好です。

みなとみらい線  日本大通り駅徒歩3分
横浜市営 関内駅徒歩5分
JR  関内駅徒歩7分

前面道路は一方通行で、パーキングチケットの駐車エリアがあります。
また、お隣は「東横イン横浜関内」さんです。

そけいヘルニア"日帰り外来手術" のご相談は、横浜関内、日本大通りの『横浜みなと外科クリニック』までよろしくお願いします。

〒231-0011
神奈川県横浜市中区太田町1−7−1
YOKOHAMA三共プラザビル3階

関連記事

医学論文について
医師にとって、医学論文や研究の意義は? 医師は、一生勉強。 医師にとって重要な事柄として論文作成があります。医学は科学的側面を有しているため、客観評価に基づいた検証が必要と考えます。 医師は…
日帰り手術⑥〜女性の鼠径ヘルニア〜
女性の鼠径ヘルニア 鼠径ヘルニアは「子供の病気」、「男性の病気」と思われがちですが、成人以降の女性にもみられる病気です。 成人女性の鼠径ヘルニアは男性と比較して頻度が少なく、それに関する著書や論文…
日帰り手術③〜鼠径ヘルニアの日帰り外来手術〜
鼠径ヘルニアの日帰り手術とは・・・① 鼠径(そけい)ヘルニアとは? 鼠径(そけい)ヘルニアとは、どんな病気かご存じの方も多いと思います。 鼠径部の筋膜や腱膜に囲われた部分や、筋膜の薄いところから…
日帰り手術⑤〜鼠径ヘルニアの日帰り外来手術〜
鼠径ヘルニアの日帰り手術とは・・・③ 鼠径(そけい)ヘルニアとは? 桜の季節になりました。各地で満開の便りが届いております。さて、前回の続きで日帰り手術の数が多い鼠径ヘルニアについてお伝えします。…
海外での国際学会
学会発表(海外編) 初めての国際学会 前回は、国内の学会について参加の意義などをお話しいたしました。 今回は、海外での学会参加についてのお話しです。 医師なら誰しも海外での留学や研修、…
ネットでのご予約
ページトップへ
ネットご予約
お電話

お問い合わせ