BLOG

ブログ

2022年5月13日

医療機器・・・低温プラズマ滅菌とは

医療機器の搬入

コロナ禍による半導体不足の影響で、物流・海運も混乱しており、医療機器の納品もこれからがピークになります。
準備の一環で手術室に置く棚を組み上げました。金具なしで出来る!との事でしたが、かなり大変でした。

設備・備品等は節約できるところは徹底的に行っています。
医療機器への資金を増やすために・・・。

そのひとつが、本日納品されました!

プラズマ滅菌機

低温プラズマ滅菌とは、安全で環境にも安心な過酸化水素ガスを用いた滅菌法のこと。 高温に耐えられない器材も滅菌でき、内腔器材にも優れた滅菌力を発揮します。日帰り手術で気をつけるべき事に、術後感染・出血があります。医療機器をしっかりと洗浄し滅菌する事に重視し、高価でしたがプラズマ滅菌機器の導入を致しました。重さはなんと220kg!ピアノと同じくらいの重量です。

ホームページより

過酸化水素ガス低温プラズマ滅菌のしくみ

高真空状態のチャンバー内に、気化した過酸化水素ガスを注入し、高周波を与えることで、過酸化水素ガスをプラズマ化。
フリーラジカルにより微生物をDNAレベルで不活化する滅菌法です。

人にも環境にもやさしい

人にも環境にもやさしい

過酸化水素は残留性がなく、水と酸素に分解されるので、
環境にも、作業を行う人にもやさしく安全性が高い滅菌法です。

低温滅菌

低温滅菌

55℃未満の低温で滅菌ができるので、ゴムやプラスチック、
剪刀類などの熱に弱い器材も滅菌可能。
低温滅菌のため、滅菌終了後すぐに器材を取り出し、使用できます。

 


横浜みなと外科クリニックはアクセスも良好です。

みなとみらい線  日本大通り駅徒歩3分
横浜市営 関内駅徒歩5分
JR  関内駅徒歩7分

前面道路は一方通行で、パーキングチケットの駐車エリアがあります。
また、お隣は「東横イン横浜関内」さんです。

そけいヘルニア"日帰り外来手術" のご相談は、横浜関内、日本大通りの『横浜みなと外科クリニック』までよろしくお願いします。

〒231-0011
神奈川県横浜市中区太田町1−7−1
横浜日光ビル3階(旧YOKOHAMA 三共プラザ)

関連記事

診療所開設の届出
松本の実家から、庭の木に巣作りをする鳥の便りが届きました。 なんて名の鳥だろう?? ご存知の方いらっしゃいますか... シ・ア・ワ・セの鳥ですかね。 本日の横浜はよく晴れた一日で、最高気…
段ボール箱の山
大型の備品納品ラッシュ! 診察室・回復室・ストレッチャー 今週は、大型備品の納品ラッシュでした。回復室で使う電動リクライニングチェアーは結構重かったです。開梱作業は、医療器材卸の担当者さんにお手伝…
船出・・・2022年
あらためて、ご挨拶させていただきます。 横浜みなと外科クリニック 川崎篤史 2022年、4月になりました。あらためましてご挨拶させていただきます。 このたび、横浜関内に「横浜みなと外科クリニック…
開業準備⑧~ロゴマーク~
ロゴマークの検討 横浜みなとのイメージ クリニックの顔とも言えるロゴマークの検討をしました。 シンプルであり、横浜の地、日帰り手術等の医療サービスを表現する心地良いイメージのデザインを考えま…
2022年 年末のご挨拶
横浜みなと外科クリニック院長の川崎です。早いもので今年もあと僅かとなりました。 冬晴れの日が続いておりますが、いかがお過ごしでしょうか。 6月13日より診療を開始して約半年が経過しました。多く…
ネットでのご予約
ページトップへ
ネット予約
お電話

お問合せ