BLOG

ブログ

外科医として思うこと②

手術の合併症

医療行為の「利益と不利益」

外科手術をはじめ多くの医療行為は、患者様の身体に対する侵襲(ダメージ)が伴います。
そのため、患者様に医療行為を行う際には、医療行為による利益(治療の効果)と身体への侵襲の不利益を十分に検討して、利益(治療の効果)が不利益を上回る場合に、その医療行為を行うことを決定します。

しかしながら、医療(特に外科治療)は本質的に不確実・不確定なもので、医療行為にはリスクが伴います。
手術前に患者様には、予想される重要・重大な合併症についてはしっかり説明させて頂きますが、極めて稀なものや想定を大きく外れたものもあり、限られた時間の中で全ての可能性を説明することは困難です。

手術の合併症は低減させることはできますがゼロにすることはできず、ある一定の確率で生じます。合併症はわれわれ医療側からすると何百、何千分の一かもしれませんが、患者様にしてみると「一分の一」になります。

医療従事者はこのことを肝に銘じて、日々合併症を減らす努力と研鑽をしなければなりません。また万が一、合併症が生じた場合、その治療には全力で取り組み、最善を尽くための日頃からの準備を怠ってはなりません。これが私の信条です。

「私、失敗しないので!」ドクターXには・・・なれません

「私、失敗しないので」ドラマ『ドクターX』の主人公、大門未知子の有名な台詞です。フィクションとはいえ、カッコいいですよね。
現実の世界では、どんなに自信があっても私を含めたほとんどの外科医は口にはできないと思います。

話は飛びますが、X連りでアニメ:タイガーマスクの『ミスターX』、悪事を働きましたが、最後はパワハラで始末される悲哀に満ちたキャラクターでした。


横浜みなと外科クリニックはアクセスも良好です。

みなとみらい線  日本大通り駅徒歩3分
横浜市営 関内駅徒歩5分
JR  関内駅徒歩7分

前面道路は一方通行で、パーキングチケットの駐車エリアがあります。
また、お隣は「東横イン横浜関内」さんです。

そけいヘルニア"日帰り外来手術" のご相談は、横浜関内、日本大通りの『横浜みなと外科クリニック』までよろしくお願いします。

〒231-0011
神奈川県横浜市中区太田町1−7−1
横浜日光ビル3階(旧YOKOHAMA 三共プラザ)

関連記事

横浜中央病院(現JCHO横浜中央病院)時代の同志
内科医 M先生 私の外科医としての基礎を築いた修練の場である、横浜中央病院時代には、先輩・同僚・後輩とお世話になった先生方がたくさんいらっしゃいます。 現在はそれぞれ違う病院で活躍されている先生も…
船出・・・2022年
あらためて、ご挨拶させていただきます。 横浜みなと外科クリニック 川崎篤史 2022年、4月になりました。あらためましてご挨拶させていただきます。 このたび、横浜関内に「横浜みなと外科クリニック…
医療機器・・・低温プラズマ滅菌とは
医療機器の搬入 コロナ禍による半導体不足の影響で、物流・海運も混乱しており、医療機器の納品もこれからがピークになります。 準備の一環で手術室に置く棚を組み上げました。金具なしで出来る!との事でした…
外科医を表現する言葉
鬼手仏心と外科手術 鬼手仏心(きしゅぶっしん) 外科医を表現する言葉として「鬼手仏心(きしゅぶっしん)」という言葉がよく用いられます。 鬼手仏心の“鬼手”は「残酷な手」、“仏心”は仏のように慈悲…
社会保険 横浜中央病院 ②
~印象に残る患者様 ①~ 外傷性膵損傷 前回紹介させていただいた横浜中央病院の外科は、食道から肛門までの消化管疾患をはじめ肝胆膵疾患、鼠径ヘルニアなどの体表疾患の手術を幅広く行なっており年間700…
ネットでのご予約
ページトップへ
ネット予約
お電話

お問合せ