鼠径ヘルニア・臍ヘルニア・痔核・陰嚢水腫・皮下腫瘤等の日帰り外来手術

BLOG

ブログ

2022年2月1日

医師への歩み〜大学生活の始まり〜

日本大学 医学部入学

一人暮らしのスタート

1994年(平成6年)、日本大学医学部(日大医学部)に入学いたしました。

日本大学は、18学部もある卒業生・在校生ともに日本一のマンモス大学です。

歴史は古く、前身は山田 顕義を学祖に持つ、1889年創立の日本法律学校です。千代田区飯田橋に日本大学開校の地の石碑があります。

また、医学教育の歴史も古く、1925年に日本大学専門部医学科開設(駿河台)されました。医師の数が少なく、臨床医の育成が急務であったことから、修業年限を4年とする「専門部医学科」が設置されています。

日大医学部のキャンパスは池袋駅からバスで20分ほどの板橋区大山にあり、私のように地方出身者が多く、親元を離れて初めての “ひとり暮らし“となる同級生が多かったのを記憶しています。

当時は携帯電話などありませんでしたが、月末になりお金がなくなると大学周辺に住んでいた先輩の家にみんなが自然と集まり、ご飯をご馳走になったのを覚えています。

日本大学医学部ホームページ

日大医学部の沿革です。ご興味がある方は、リンクからどうぞ。

クラブ活動も

どの大学も同じですが、医学部はクラブ活動が大切です。私は中学からはじめていたバレーボール部に所属し身長も高かったため、アタッカーとしてチームに貢献しました。

勉強や実習が忙しい中、週3回みんなで集まって練習する日々は楽しい時間でした。時には、他校へ練習試合にも出かけることもありました。
あまり強いチームではありませんでしたが、東医体(東日本医科学生総合体育大会)出場など思い出はたくさんあります。

当時の日大医学部は、教職員と学生の垣根が低くコミュニケーションが取りやすい環境でした。
また低学年から臨床講義が始まり、教授・助教授といった多忙な先生方と接する機会も多く、学外でも色々お話しを聞くことができました(池袋での単なる飲み会です)。

私が明確に外科医を志すようになったのはこの頃かもしれません。

2022年 鼠径ヘルニア・臍ヘルニア・痔核・陰嚢水腫・皮下腫瘤等の “日帰り外来手術” を横浜関内みなとエリアで開院準備しております!

“日帰り外来手術” のご相談は、横浜関内、日本大通りの『横浜みなと外科クリニック』まで!

関連記事

横浜中央病院 思い出の患者様②
~印象に残る患者様 ②~ 直腸癌 前回紹介させていただいた横浜中央病院の外科は、食道から肛門までの消 化管疾患をはじめ肝胆膵疾患、鼠径ヘルニアなどの体表疾患の手術を幅広く行なっており年間700件…
医師への歩み〜高校生時代〜
高校生時代 松本深志高等学校 秋津・蜻蛉(トンボ)と学生生活 1989年に松本深志高校に入学しました。松本深志高校は明治9年に創設されて以来の歴史と伝統を持つ県立高校です。 「自治の精神」…
診療所開設の届出
松本の実家から、庭の木に巣作りをする鳥の便りが届きました。 なんて名の鳥だろう?? ご存知の方いらっしゃいますか... シ・ア・ワ・セの鳥ですかね。 本日の横浜はよく晴れた一日で、最高気…
社会保険 横浜中央病院(JCHO 横浜中央病院)
社会保険 横浜中央病院(JCHO 横浜中央病院)赴任 横浜へ 大学での2年間の外科研修を終えた後、赴任したのが社会保険横浜中央病院(現JCHO横浜中央病院)でした。 初めての出張病院…
医師への歩み〜浪人生活〜
浪人生活 予備校での出会い 1992年に松本深志高校を卒業し、1994年に日本大学医学部に入学するまでに2年間(2浪)の浪人生活を経験しました。 私の世代は団塊ジュニアといわれる「第2次ベビ…
ネットでのご予約
ページトップへ
ネットご予約
お電話

お問い合わせ