BLOG

ブログ

2023年11月11日

鼠径ヘルニア(3)治療①

鼠径ヘルニアの治療は、手術以外にありません

鼠径ヘルニアの治療は、薬や運動・リハビリなどによって治癒することがなく、外科的に手術をする以外に治す方法はありません。対症療法としてヘルニアバンド(脱腸帯)を使っておられる方もいますが、一時的に出っ張りを押さえているだけですので、治療ではありません。長期にわたるヘルニアバンドの使用は、圧迫により組織が硬くなったりすることがあり、組織の癒着を引き起こします。外科手術の際の、組織の癒着は手術の難易度をあげることになり、結果的に患者さまの負担が増えることになります。対処療法という考え方もありますが、最近ではヘルニアバンドの長期着用を勧める医療機関は多くありません。鼠径部ヘルニアの治療を専門に行っている医療機関では、『治療=手術』との診断になります。ただし、良性の疾患である鼠径部ヘルニア治療に対しての、スタート地点は患者さまご本人の意思表示になります。手術を希望されるか、希望しないかのお考えをしっかり確認してから、『手術を希望する』という意思表示を頂けた時点で『治療=手術』のスタートです。鼠径ヘルニアの症状を感じたら初期に受診・治療が身体への負担が少なく日帰り手術も可能なベストな選択の一つと言えます。

鼠径ヘルニア(脱腸)は良性の病気ではありますが、長年放置するとラグビーボール大の巨大なヘルニアや嵌頓(かんとん)と言われる状態になることがあります。特に嵌頓の場合は緊急手術が必要になりますので、早めに受診して下さい。参考までに全体の約5%程度の患者さまに嵌頓が起こると言われております。男女の別ではなく、ヘルニアになる場所によって発症率は変わります。巨大なヘルニアもお腹の中の組織を剥がす、いわゆる剥離範囲が広くなり、手術時間が長くなる傾向があります。術後の痛みに対する管理が必要な事もあり、短期間の入院による治療が必要になることもあります。つまり、初期の状態であれば、身体的にも経済的にも負担の少ない日帰り手術を選択し、日常生活を送りながらの治療ができますので、鼠径ヘルニアの症状を感じたら初期に受診し手術を検討することが、鼠径ヘルニアの治療では最善の策と言えます。

横浜みなと外科クリニックは、外来日帰り手術専門のクリニックです。鼠径部ヘルニアの日帰り手術を中心に専門的取り組んでおります。入院治療になる前に、お気軽にご相談ください。

当院について

関連記事

鼠径ヘルニアの画像診断
超音波診断装置納入 開業の準備も大詰めの段階になってきました。本日の横浜は小雨で肌寒い1日でした。 ここ数日、備品や医療機器の搬入も少しづつ始まっております。 本日は、超音波診断装置 ARI…
日帰り手術⑥〜女性の鼠径ヘルニア〜
女性の鼠径ヘルニア 鼠径ヘルニアは「子供の病気」、「男性の病気」と思われがちですが、成人以降の女性にもみられる病気です。 成人女性の鼠径ヘルニアは男性と比較して頻度が少なく、それに関する著書や論文…
段ボール箱の山
大型の備品納品ラッシュ! 診察室・回復室・ストレッチャー 今週は、大型備品の納品ラッシュでした。回復室で使う電動リクライニングチェアーは結構重かったです。開梱作業は、医療器材卸の担当者さんにお手伝…
日帰り手術⑤〜鼠径ヘルニアの日帰り外来手術〜
鼠径ヘルニアの日帰り手術とは・・・③ 鼠径(そけい)ヘルニアとは? 桜の季節になりました。各地で満開の便りが届いております。さて、前回の続きで日帰り手術の数が多い鼠径ヘルニアについてお伝えします。…
鼠径ヘルニア(1)初期症状
鼠径ヘルニアは、年間15万件ほどの手術が行われている良性の疾患です。別名『脱腸』と呼ばれたりします。 鼠径部は、鼠(ねずみ)と径(こみち)という漢字から成り立っており、鼠径部には鼠径管という管状の組…
ネットでのご予約
ページトップへ
ネット予約
お電話

お問合せ