BLOG

ブログ

2023年10月13日

鼠径ヘルニア(1)初期症状

鼠径ヘルニアは、年間15万件ほどの手術が行われている良性の疾患です。別名『脱腸』と呼ばれたりします。

鼠径部は、鼠(ねずみ)と径(こみち)という漢字から成り立っており、鼠径部には鼠径管という管状の組織が存在します。

胎生期に男性は、腹部にあった睾丸が、鼠径管という道を通って陰嚢に下りてきます。鼠径とは睾丸を鼠に例えて名付けられたと言われています。

さて、その鼠径ヘルニアですが主な初期症状には次のようなものがあります。

・足の付け根である、鼠径部の違和感

・時折起こる鼠径部周辺の鈍痛

・鼠径部の膨らみ

時にはピリピリとするような痛みを感じることもあります。

鼠径部の膨らみ・違和感・痛みなど、ご不安な場合は、専門の医療機関で早期に診てもらいましょう。

日帰り手術や、痛みの少ない麻酔、腹腔鏡による手術などによる治療が可能です。

横浜みなと外科クリニックでは、日帰り手術の普及により、大切な時間を守り、身体の負担・経済的負担を減らせるよう院長川崎篤史を筆頭にスタッフ全員で取り組んでおります。

 

関連記事

鼠径ヘルニア(4)治療②
鼠径ヘルニアの治療の歴史 鼠径ヘルニアの治療は、今も昔も外科的に手術をする以外に治す方法はありません。 鼠径ヘルニアの治療の歴史について調べましたのでお話しします。鼠径ヘルニアは、鼠径部の…
鼠径ヘルニア(2)要因と原因
鼠径部ヘルニアに罹患する年齢について、大きく分けて2つのピークが存在します。一つは乳幼児期で、もう一つは50歳代後半からの中高年期となっています。その理由は、鼠径部ヘルニアの発症要因と原因を知れば理解…
鼠径ヘルニアの画像診断
超音波診断装置納入 開業の準備も大詰めの段階になってきました。本日の横浜は小雨で肌寒い1日でした。 ここ数日、備品や医療機器の搬入も少しづつ始まっております。 本日は、超音波診断装置 ARI…
日帰り手術⑥〜女性の鼠径ヘルニア〜
女性の鼠径ヘルニア 鼠径ヘルニアは「子供の病気」、「男性の病気」と思われがちですが、成人以降の女性にもみられる病気です。 成人女性の鼠径ヘルニアは男性と比較して頻度が少なく、それに関する著書や論文…
日帰り手術⑤〜鼠径ヘルニアの日帰り外来手術〜
鼠径ヘルニアの日帰り手術とは・・・③ 鼠径(そけい)ヘルニアとは? 桜の季節になりました。各地で満開の便りが届いております。さて、前回の続きで日帰り手術の数が多い鼠径ヘルニアについてお伝えします。…
ネットでのご予約
ページトップへ
ネット予約
お電話

お問合せ